シンパパ, my Love

2児のシングルファザーを想いながら、自分の人生を考えるブログ。

【言葉の魔法】マメじゃない男へ。ただのLINEを最高のメッセージに変える♡

f:id:em_me:20200624213913j:plain

世の中にはいろんな人がいるけど、この度シンパパと恋愛関係になる中で、
LINE・電話を含む会話量の少なさ、コミュニケーションをとるタイミングの難しさなど、独身同士の恋愛では考えもしなかったような壁にぶち当たることになった。

今までのように、毎日朝から晩まで事あるごとにコミュニケーションをとっていた時代は終わった。まあ、「昼はラーメン食べたよ!」とか「本屋行ってくる」とか、どうでもいいといえばいい話だけど、大事なのは内容じゃなくて"繋がってる感"だったわけで。でも、それが苦手な人もいるらしい。

LINE頻度の少ない彼に送るメッセージは、なるべくムダ打ちしたくない。というか必然的に“量より質”が重要に…。今回は、自滅しないため&彼に喜んでもらうため、私に何ができるかを考える。

 

 

マメな男”とマメじゃない男”

 マメな男性も、善し悪し

私が今まで仲良くなった男性は、基本マメな人ばかり。同棲していた彼氏でさえ、一日十何往復と連絡を取り合っていた。予定報告などの業務連絡的な内容をきっかけに、会話のラリーが続く感じ。毎日どこにいても繋がっていて、だいたい彼が今何してるか把握できていて、”いつも一緒”という感覚。

ただ、すべて把握できることで、知りすぎてしまう弊害もあった。どこで何しているかわからない場合に変に勘ぐってしまったり、特別感や遠慮がなくなってしまったり。私は恋愛至上主義傾向があるので、知りすぎたことは依存性を高めたと思う。また、まわりを見ていると、旦那さんが“かまって君”の場合、子育て中は大変そう。思いやりのマメさなのか、自分の欲求を満たしたいだけのマメさなのかは、よく見極めたい。

 マメじゃない男性は、やはり寂しい

よく男性はマルチタスクが苦手といわれるが、シンパパ は確かに私と会っている時、基本的に私に集中してくれている感じは伝わってくる。短時間集中。仕事で考えたらこういう方が成果が出そうではある。ただ、いつも一緒"を体感するのはかなり難しく、正直に言えば「寂しい」。私自身が成長しないといけないな、と思っている次第。

 

なので結局どちらがよい、とは言いづらい。マメかマメじゃないか。それよりもっと大事なことがある気はするので、このポイントは頑張れば譲歩できるかも。

 

もしこの先40年一緒にいれるなら、お互い一人でも自己実現&二人でも楽しめたら、世界はもっと広がるだろう。

 

とは言え、この”不マメ男子”といつまでもそっけないLINEのやりとりを続けていたら、このコロナ自粛の影響もあるし、このまま自然消滅する可能性も否定できない。微妙なテンションのすれ違い、ボタンのかけ違いも、チリも積もれば山となる。

では、どうすればよいのだろう?

 

大事なことは、「好きな人」をよく観察すること

”出会ったばかりの頃”は、私たちはお互いのことをまだよく知らず、声のトーンや表情や会話のわずかな間や視線・体の動きなど、五感をフル稼働して「相手はどんな人間か」を探ろうとしていた。当時のシンパパは、今より100倍積極的だったし、メールでのコミュニケーションも小気味よく、”そこそこのマメ男"だったと言える。ただ、仲が深まるにつれて変わってしまうのが人間というもの。前回まとめたシンパパとえむの恋愛感情の推移”グラフの流れの通り、あっという間に気持ちは落ち着き、マメさはどんどん失われた。(T〜T)  

sinpapa-love.com

 

しかし被害者ぶってはいけない。「相手はどんな人か」を探るべきなのは、自分自身も同じなのだ。よくよく考えると、「会う時間を作ってくれない」「LINEすらくれない」「次の予定のメドも教えてくれない」…といったような不満は、なんだか責任の押しつけのようでもある。

f:id:em_me:20200515211000p:plain

「彼はどんな人か」と観察することを怠り、相手の考えは100%わかっているかのように錯覚し、自分の考えも100%伝わっているものと思い込み、的確なコミュニケーションを取る努力を怠っていたのでは?

”マメさ”を引き出すか、”マメさ”は諦めて別の方法で幸せになるか。いずれにせよ、自滅に向かうのではなく、明るい未来のために、できることをやらなければ…。

  生活リズムの波を知る

まずは、思い込みやエゴに惑わされないために、日頃の会話や行動からヒントを集めて、彼のスケジュールの波を推測する。※束縛感を与えないよう、直接聞き出さない。

 
  • 朝、昼、夜の繁忙状況
  • 曜日毎の繁忙状況
  • 年間での繁忙状況
 

 

前回”恋愛感情グラフ”を作ったことで改めて気づいたのは、何事にも”波がある”ということだった。私ももちろん仕事の波があり、プレッシャーのかかる案件の前は、あまり積極的に彼に会いたいという気持ちにはならない。目の前の仕事をしっかりやりきる為に、集中しなければならないから。(あと身体的にキツイので生理中もあまり積極的には人に会いたくない。)

f:id:em_me:20200515211000p:plain

シンパパの場合は仕事の波に加えて、毎日のパパ仕事も大波ありという状況。思いやりと尊敬の気持ちを忘れてはいけない。 

 

  いつ・どのような気分になるか想像する
 
  • 朝はバタバタでタスクこなすのに精一杯?
  • ランチタイムはほっこりしたい?
  • 夕方のお迎え前に疲れた心を癒したい?
  • 忙しすぎて誰とも話したくない?…
 

 

ある程度TPOに合わせたメッセージを送るためにも、恋愛モードになれるタイミングか、仕事モードか、パパモードか、ということも察してあげたいところ。(人によっては関係ないかもしれないけど。私の性格上)

 

 どんな言葉なら喜んでくれるか考える
 
  • 「頑張ってね」的な気合いが入るような言葉?
  • 「お疲れさま」的なホッとする言葉?
  • 何も言わず放っておいてほしい?
  • 気晴らしになるような笑える言葉?…
 

 

ふとした瞬間、生活リズムの切替りのタイミングに、どんな気分になりたそうかがわかれば、かける言葉や行動も変わってくるはず。

シンパパは基本的に24時間忙しい。彼の場合は恐らく「基本的には自分のタイミングで連絡するから、それまでなるべく放っておいてほしい」がデフォルトだと思うが、一度、金曜の17時前くらいに”猫がお茶どうぞと湯呑みを差し出しているスタンプ”をLINEで送ったら「いいタイミング!」と返信があった。(どこから目線?笑)と思ったけど、その時のことを後日また触れていたので、ちょっと手応えがあったようで嬉しかった♡

最近なかなかコミットできてないけど…(汗)

f:id:em_me:20200515211000p:plain

ベストタイミングをつかめるかどうかは、相手の気持ちを動かす大きな要素になる!     

 

タイミングを見極めて「好きな人」に”渾身のメッセージ”を♡

結論、ただのLINEメッセージを“最高のプレゼント“にするために、“魔法の一言“はこれ!とか、“このタイミングで送れば間違いない!”とか、誰にでも当てはまるセオリーなんてないわけで。(期待してた方いたらごめんなさい。汗)ただ実際に、言葉でも、スタンプでも、画像でも、動画でも、何を送ったら喜んでくれるか、どのくらいの文章の長さだったら最適なのか、すべて自分で考えるしかない。

 

たったひとりの“あの人”のことを心の底から考えに考えて、彼にだけ伝わる“渾身の1通”を、ここぞというタイミングに送る!彼にとって最高のプレゼントになるような、"愛あるメッセージ"を贈ろう♡

 

そしてそのメッセージが最高のものとして彼の心に響いた時には、たとえどんなに頑なな彼でも、自分のルールを調整して"マメな返事"をくれるのだから、トライアンドエラーを繰り返しながら、彼の心に何が刺さるのかを模索するしかない。

f:id:em_me:20200515211000p:plain

人付き合いにマニュアルなし!唯一無二の彼をしっかり見つめて、「これぞ」という言葉を見つけよう♡

さて、どうするか。