ステップファミリー実話

お見合いで恋愛結婚し、40代で妊娠出産した女性【ステップファミリー実話】

ステップファミリー実話(NJさんの場合)「お見合い、義父の介護、高齢出産。」

てぃーこ

独身でアラフォーともなると出産のタイムリミット考えるよね。シンパパ彼氏と別れるか続けるか…私たちにとっても大きなテーマ…

えむ

そうなんだよねー…。そこで今回はお見合いから恋愛結婚して継母になったNJさんがお話ししてくれたよ。

はじめましての方、こんにちは。最愛シンパパと恋愛中のえむと申します。プロフィールはこちら

【かんたん図解】家族構成

ステップファミリー家族構成(継母NJさんの場合)
  • 実父 44歳
  • 継母(私)36歳:NJさん
  • 長女 17歳
  • 長男 13歳
  • 祖父(夫の父親)83歳
  • 祖父(私の父親)71歳
  • セメントベビー

【ステップファミリー実話】お見合いでシンパパと恋愛結婚し、40代で妊娠出産した女性

食事の準備がされた和室

36歳の私は、知り合いのおばあさんにお見合いをお願いされて、長い春が終わったばかりだったので、お見合いくらいしてみよう、と思って、会ってみました。

ただ、年の差、子持ち、年寄付き、百姓の仕事付きということで、私の父親や周りの友人も心配はしていました。

お見合いから3年の恋愛関係

出会ってみると、真面目で、こまめに電話をしてくれて、3年間の交際期間を得て、プロポーズされました。

3年間つきあった理由は、彼の子供が思春期だったので、急いで結婚しないで子供たちの進路や就職が落ち着いてからの方がいいだろうということと、私の父親の介護もあったので、二人で結婚の時期について話し合いました。

お付き合いしていた3年間は、週末は彼の家に行って、家事や子供たちの世話、彼の父親の世話、百姓の仕事を手伝いました。

プロポーズ。結婚生活へ

婚約指輪

プロポーズの言葉は「僕のお嫁さんになってください」でした。

「子供たちの世話をしなくていい。父の介護をしなくていい。年いったときに、チャーミーグリーンのように、手をつないで歩きたい。」

と言ってくれました。

結婚を決めてから大事に思ったことは「子供たちのお母さんになろう」とか「実母に負けないぞ!」とかではなくて、「彼を助けてあげたい」と思ったことでした。

彼はシンパパ、父子家庭であり、2人の思春期を迎えている子供たちの食事も洗濯も、仕事も1人で頑張っているのを見たからです。

もちろん、どんなカップルでもそうだと思いますが、結婚してからは、彼の嫌な面もたくさんわかるようになりました。

細かい性格な事、私が年下だからか、先生ぶる。そしてなんだかんだで、プロポーズで言ってくれた“しなくていいはずの”義父の介護は、私の役目になりました。当然のごとく。

てぃーこ

甘んじて受け入れたわけね

実母の元に行った継息子と、独立した継娘

子供たちとの関係は、ふたりとも、私のことは下の名前にチャン付けで呼んでくれて、お姉さんのような、親戚の人のような、仲のいい関係から始まりました。

気をつけていたのは、子供たちの実母の悪口は、絶対に言わないということでした。

それから、子供たちに「してほしくない事は言ってね」とだけ先に伝えて、何でもやってあげました。

実母が好きだった継息子

笑顔の男子高生

下の息子は、学校の事や夕食の事等、よく話をしてくれました。何を作っても、喜んでくれました。

ただ、ある日のこと。息子が実母と会ってはいけないというわけではなかったのですが、実母と隠れてやりとりをしていたのが実父(夫)にバレて、実母が息子にお金をあげすぎていることや、高校生には早すぎる内容のものを渡したりしていたこともあり、夫は怒って「実母のところで生きていきなさい」という事になりました。

その環境を間近でみて、夫の辛さが伝わって、私も辛かったです。

息子と離れたくなかったんだと思いますが、高校生の息子は、やっぱり実母が良かったんだな…と思いました。

苗字も違うし、住んでいる場所も違いますが、今でも息子は行き来はしています。

えむ

行き来できる関係に落ち着いてよかったね

介護の心配をしていた継娘

ポカリを持っている女子高生

長女は17歳なのもあり「お嫁さんがきてくれて、父や祖父の介護をしなくてよくなるからうれしい」と、とても現実的なしっかりした気持ちを伝えてくれました。

娘は高校を卒業後、進学就職で独立しました。そして学生時代からお付き合いしている人と結婚し、子供も産み、幸せにしています。

結婚の時は前撮りも同伴しましたし、結婚式のスピーチで「お母さんだと思ってるからね」と言ってもらって嬉しかったです。

孫は、おばあちゃんと呼んでくれています。

百姓が忙しい時期は家族全員で手伝いに来てくれて、みんなにごちそうを振舞うのが楽しみです。

てぃーこ

お母さんだと思ってる、って言われるのは絶対嬉しいよね〜

40代で妊娠出産

生まれたての赤ちゃんの足の写真

10代後半だった継子たちを送り出した私は、その後、高齢出産を経験しました。現在はまだ小学生の娘がいますが、継娘とも仲が良く、家族が増えて、今、幸せに暮らしています。

シンパパとのお見合い、恋愛や結婚で悩んでいる方へ

シンパパさんと恋愛や結婚で悩んでいる方にとって、私が思う大事なことは、趣味・性格が自分に合っているのかなど、当たり前の事が一番大事だということです。

それから経済面。

子供と良い関係である努力ができるか、も。言いたいことを、ためずに言い合える仲になっているのか、が大切です。

私の場合は、子供の世話も介護も、たった数年でした。
その時は大変でしたが、夫とともに、一緒に頑張れました。

2人で仲良く老後を一緒に過ごしていけるかを真剣に考えてみてください。

好きなら。話し合って、何でもやってみてはいかがですか。
案ずるより産むが安し!です。

NJさんが考える、シンパパとの結婚で大切なこと

  • 趣味・性格が合っているか
  • 経済的に不安がないか
  • 子供といい関係を築く努力ができるか

二人で仲良く老後を一緒に過ごしていけるか考えてみよう

植物の並ぶ温室の中で幸せそうに抱き合う初老夫婦の写真

お見合いして、恋愛して、結婚して継母になって、義父の介護をして、息子が実母の元に行って、高齢出産して…人生いろいろですね。

大変なこともあったかもしれませんが、たくましく乗り越えたNJさん。元シンパパの夫の愛があったからこそ、二人で過ごす老後を見据えて頑張れたのかもしれませんね。

ぜひ、あなたの実話も教えてください
>こちらで募集中

えむ

夫婦で協力して幸せになろ♡

ポチっとしてもらえると
\ 励みになります♡ /

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

Photo: Priscilla Du Preez, Unsplash / keisuke3, AC photo / Alyssa Hurley on Unsplash / Cottonbro, Pexels / Fariz Rizky Naufal, Unsplash / Anthony Tran, Unsplash