ステップファミリーとは

子連れ再婚大賛成!子沢山のステップファミリー in マレーシア

マレーシアのステップファミリーとは
てぃーこ

子沢山で幸せそうな家族といえば、5人の子供がいるYouTuberカジサック家が素敵なんだよね〜♡(ステップファミリーじゃないけど)

えむ

賑やかで愛に溢れてるよね♪
マレーシアに住んでるDさんから聞いた話だと、マレーシアでは子供7人もけっこう普通らしい!ステップファミリー事情についても教えてもらったよ〜

はじめましての方、こんにちは。最愛シンパパと恋愛中のえむと申します。プロフィールはこちら

家族が何よりも大切。広がるステップファミリー in マレーシア

マレーシアの家族写真

マレーシアでは、子連れ再婚はかなり一般的になっています。

若くして結婚する傾向があり、子供はすぐにでも作る事が望ましいという文化があるのですが、精神的にも経済的にも成熟していないことから離婚することが多く、再び子連れで結婚するためです。

そもそも結婚観として、職業や収入といったステータスを求めることより、家庭を持つ・子供を持つということに幸せの比重が大きいので、そうした背景も子連れ再婚を後押ししていると思われます。

「家族」を重視。年代問わず多い再婚カップル

20代など若くしての再婚はもちろん、60代での熟年離婚・再婚も多くあります。

マレーシアでは「家族」をとても重視するため、再婚希望が強く、さらに両親・兄弟など身内からも再婚、子連れ再婚は歓迎される傾向にあり、反対されることはあまり多くはありません。

子供好きの国民性

「家族」を大切にする国民性に加え、誰かれかまわず「子供を好き」という風潮もあります。
知らない人の赤ちゃんでさえ、誰でも可愛いねと言って抱き上げたり、キスもします。

そうしたことから、子連れに対するネガティブはほとんどないと言えるでしょう。

それと再婚でなくても子供の数は普通でも3人以上、5人、7人という事も結構あります。

てぃーこ

ほんとだ、子供7人…!すご!

その中で年上の子供が弟妹の面倒を見るという事が、文化、習慣として普通に行われています。

小学生の子供でも、赤ちゃんのオムツ替え、ミルクをつくる、抱っこが出来るというのは普通のことで、子供でも家族の一員として子育てのお手伝いをすることはごく自然なようです。

子連れ再婚でも穏やかな子供の気持ち

子連れ再婚となる子供達も、嫌がったりはしないようですね。

親の再婚後に赤ちゃんが生まれれば、腹違いの弟妹でもとても可愛がります。

そもそもマレーシアでは年功序列の文化があり、両親など自分より年上の人に対して尊敬の念が多くありますので、そうした影響か、親の離婚・再婚に子供が意見するということはあまり多くないようです。

家族が増えて助け合う喜び!子連れ再婚大歓迎

マレーシア国旗を振る少女たち

マレーシアでは、日本のように「個人やプライベートを大切にする」ということより、「家族が増えて助け合う喜びや、お互いを尊重できる精神」が、子沢山の家族観や子連れ再婚に肯定的な影響をもたらしている、といえると思います。

まず子供を持つことが1番の幸せで、子供の数が多いほど幸せと思っている人もまだまだ多いです。

こうした子供を大切にする根強い価値観と国民性により、子連れ再婚も広く一般的に受け入れられているようです。

そして、子供もこうした「子沢山の環境」を受け入れることで、ワガママが減り、お互いを尊重するという考え方が自然に身についていくようです。

てぃーこ

確かにねー

えむ

マレーシアは多民族国家だから、そうした環境も「多様性への理解とか尊重」を育むのかもしれないね

子沢山で生活費を捻出…貧乏で教育が不十分になる懸念も

赤ちゃんに顔を寄せる母親

ただ一方で、経済的な部分として、子供が多くなれば当然生活費もかかります。

ですので、両親共働き、あるいは母親が内職や小さい商売をしている家庭も多く、特に田舎の方では、共働きの両親に代わり、祖父母が子供の面倒を見てるということも多いです。

祖父母、身内数家族での敷地内同居も多く、経済的および子供の面倒をみるという助け合いをしていることもあります。

中には、自分の子供がいても、貧乏な家庭の子供を一時的に引き取って面倒を見る、という事もまだあるのです。

子連れ再婚で子供の数が多くなり、両親の収入がそれに対して十分ではない家庭もあるのが事実で、子供に十分な教育を与えられていないという懸念もあるのが実情です。

てぃーこ

タイやインドネシアの話と似てるね

えむ

血の繋がり関係なく他人の子供も自分の子供のように面倒を見る、というのはすごいことだよね

子は宝。貧乏でも大家族でもなんでも、助け合う気持ちを育もう

海辺で子供を肩車して向かい合う男女のシルエット

マレーシアもインドネシアもタイも、なんだか似たところがありましたね。

親族で同一敷地内に住んで助け合って生活していたり、出稼ぎに出かける若い親に代わって祖父母が子供の面倒を見たり、子供が大好きで増えすぎた結果貧乏になってしまう懸念があったり…

でも、貧乏で切迫してイライラして子供に当たるのではなく、親族や周囲の人に頼れる時は頼って、助け合って、お互いを尊重して穏やかに過ごすという優しさは、日本も見習うところがあるのではないでしょうか。

えむ

子育てを通じて、大人が成長させられることも多いよね♪

インドネシアのステップファミリーを学ぶ
血の繋がりは関係ない。多様性とステップファミリー in インドネシアあなたは血の繋がらない子供を育てることに抵抗はありますか?インドネシアでは子連れ再婚やステップファミリーは全く珍しいことではなく、家族じゃなくても子育てを手伝うのは当たり前だそうです。その理由を現地に住む3人が教えてくれました!...
壮絶…シングルマザーや子連れ再婚が多い原因は貧困・格差のループ【タイ】タイでシングルマザーや子連れ再婚が多い理由は「貧困による格差のループ」が大きな原因のようです。タイの首都バンコクなど都市部では日本と同じような核家族が一般的である一方、地方では出稼ぎのため実子と一緒に暮らせない若い親が今もたくさんいるそうです。...

ポチっとしてもらえると
\ 励みになります♡ /

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ