高齢出産

長い妊活、3年間の人工・体外受精…38歳での初産は大変【高齢出産実話】

38歳初産(人工・体外受精)Yuriママさんの場合

てぃーこ

人工授精1回目で成功した友達もいるけど、何年もかかって辛い経験している友達もいるんだよね

えむ

子は授かりものって言うけど、本当にそうだよね

はじめましての方、こんにちは。最愛シンパパと恋愛中のえむと申します。プロフィールはこちら

バリキャリで仕事にかけぬけたアラサー時代

笑顔のキャリアウーマン

29歳で管理職になったことで、私は責任感を重く感じていました。
マーケティング会社のマネージャーとして40人ほどいる部署を任されていました。

会議や海外出張も多く、人事採用や人と会うことが多く常に予定がぎっしりで、残業は当たり前。家に帰るといつも9時過ぎという多忙な生活を送っていました。

でも、週末が休みだったことや、夏休み休暇も十分とれていたので、仕事には満足していました。キャリア制度が充実してたので、年収がよかったですし、なにより仕事そのものが楽しかったです。

充実していたキャリア、産休育休は考えられなかった

楽しく充実していた上に出張もう多かったので、妊娠をして仕事を休むという選択を考えたことがありませんでした。

収入が上がり生活の質も上がっていたので、これで仕事を休んだらもったいないと思っていました。

32歳で妊娠を意識し始めた

32歳になったころに、ふと「私の体は妊娠ができるのか?」と思い、基礎体温を測りはじめたことがありましたが、それが初めて妊娠を意識した頃でした。

仕事の忙しさは相変わらずで、子供を作ることを真剣に考えなかったのですが、周りで赤ちゃんを産む人たちが増えていたので、自然と感心がいくようになっていました。

しかし34歳になっても、避妊をしていないのに妊娠をしない自分を振り返り「もしかして、私の体は赤ちゃんが授からない体なのか?」と疑問に思い始めたことから、病院に行くようになりました。

年齢的に出産がむずかしくなる、という話をそこで初めて聞いて、ショックだったのを覚えています。

不安に襲われた妊娠中

窓際で俯き加減でお腹に手を添える妊婦のモノクロ写真

妊娠中はなにもかもが不安でした。

流産をする場合もあるし、子供がどのように成長しているのか、直接見ることも感じることもできません。

すべてが初めてのことなので、インターネットで、自分の月数に合わせた、体の管理方法や、体調の変化などの情報を見るようにしていました。

つらかったことは、最後の9か月、10か月の時です。
おなかが張り、足はむくみ、腰は痛いし、体が重くてつらくて仕方がありませんでした。

よく優しい旦那さんはマッサージをしてくれたり、優しくなると言いますが、主人はいつも仕事に追われストレスでいっぱいだったので、私の大変さが分からなかったようです。

38歳での初産は大変、40歳の二人目出産後は体力がキツい

海辺で母親に抱きかかえられ微笑む4歳くらいの少年

38歳で出産は大変でした。

40歳の出産のときは、すぐ生まれたのでよかったのですが、出産後の育児が大変きついです。

もともと運動をしてて体力には自信があったのですが、赤ちゃんの世話、そして成長する子供の面倒をみるのは、とても体力がいることです。体力と精神力で乗り切らないとできないことも年齢的な体力の低下には勝てない気がします。

体がきついと、ついイライラいしてしまったり、怒ってしまいますので、高齢出産というのは、お勧めしません。遅くても、36歳までに子供を産むのがいいと思います。

出産後は、育児と次の出産に追われ、あっという間に5年がすぎ、今も仕事を復帰できずにいます。
育児と仕事の両立というのは、異常に難しいのが今の社会だと思います。

妊娠中のオススメグッズは、たまごくらぶ・お洋服・葉酸

光の美しい緑の中で白いワンピースを着てお腹に手を当てる妊婦

妊娠中に活用してよかったなと思うものがいろいろありますので、ご紹介させていただきます。これから出産を控えているみなさんの参考になりましたら幸いです。

まずは、定番の雑誌『たまごクラブ』。初めての経験なので、いろいろな情報を得ることで、未知なる体験への不安が軽減されました。

そろそろ赤ちゃん欲しいな というカップルに。これ1冊で、「妊活」の基本がわかります。

お腹が大きくなってくると、妊婦用のズボン(エンジェリーベのマタニティーパンツ)も大活躍で、ヘビロテでした。スキニーデニムタイプから、ワイドパンツタイプまでいろいろ選べて、人気が高いのも頷けます。

【脚がきれいに見える!!と大好評のスキニーデニム】シルエットの美しさと、はき心地の良さに定評のある1番人気のスキニーデニムです。ウエストのベアリブニットは左ファスナーで開閉でき、全体的にもストレッチがきいているので着心地抜群。リアルなユーズド加工にこだわった新色を追加しました。

妊婦服は、あまり買いませんでしたが、お出かけ用にかわいいワンピースをいくつか買いました。マタニティー服専門の店のミルクティーというブランドがオススメです!

それから、体調管理として、こちらも定番の葉酸を飲んでいました。DHC、ファンケル、大塚製薬のものなどいくつか試しながら飲んでいました。

夜泣きの赤ちゃんにも大喜びの両親がサポートしてくれた

赤ちゃんを「高い高い」するおじいちゃん

さて、38歳の妊娠を喜んでくれたのは、主人もそうですが、何より私の家族でした。

私の父と母が出産の1か月前から出産した後の2か月まで、バックアップをしてくれたおかげで、なんとか乗り切れました。

家族がいなかったら、頭が狂っていたと思うくらい大変でした…。

主人は、なにしろ仕事に追われて常に家でもパソコンをみたり、携帯でやり取りをしてて、帰ってきても疲れてて、私の手伝いはほとんどできない状態でした。

もともと気が利かない上に、仕事も忙しい40代。心の余裕もなければ体もついていかないので、仕方がないのですが、旦那なりに頑張っていたとはいえ、ほとんど自分一人で赤ちゃんの世話をして過ごしていたので、実家から家に戻ってきてからは本当に大変でした。

自分の体も休ませることなく、夜泣きと赤ちゃんの世話に追われ、体力の限界を感じながら過ごしていました。

妊活を考えている女性へメッセージ(特に若い女性へ)

赤ちゃんを抱っこする幸せそうな女性

それでも、赤ちゃんはめちゃくちゃかわいいです。この世の赤ちゃんはみんな天使です。

だから、社会がもっと子供中心に変わってほしいし、妊婦や赤ちゃん、ママたちを助ける仕組みをつくり、みんなで子供たちを育てる雰囲気になってほしいです。

若くて出産を考えている方がいたら、ぜひ、35歳よりも前に出産をしてほしいです。

年を重ねるごとに経済的に余裕もでてきて、心が安定するのは事実ですが、ママが35歳を超えてから子供を産むというのは体力的にかなりきついです。

なんでもタイミングが合えばいいのですが、そんな簡単にいかないのが現実。もしかわいい赤ちゃんがほしい!と思うなら、事前に妊娠、出産について情報を得てほしいです。

35歳すぎるとダウン症の赤ちゃんも増えますので検査が必要ですし、子育ては体力がないとできません。40代で赤ちゃんの面倒を見るのは本当に大変なことですから。

出産は早すぎず、遅すぎず!がいいと思います。

てぃーこ

なるほど〜!私たちもうアラフォーです……

えむ

う、……!w

まとめ

絶対産みたいなら、早いうちにきちんと勉強して、備えましょう!

参考記事はこちら

48歳初産(高齢出産)百合子さんの場合
48歳、自然妊娠で初産を体験した女性の話【高齢出産実話】アラフィフの48歳で自然妊娠して初産というレア体験をした女性が、リアルな状況を語ってくれました。シングルファザーの彼女だって、結婚と出産の希望は捨てきれません。何歳まで高齢出産は可能なのか?リスクや不安はどうだったのか?聞いてみましょう♪...
40歳初産、自然妊娠(かのりおさんの場合)
40歳自然妊娠で初産、43歳で二人目を出産した晩婚さんの話【高齢出産実話】アラフォーにもなると今後40代で自然妊娠・出産できるのか、不安になってきますよね。でも大丈夫。38歳で結婚し、40歳で初産、43歳で二人目出産を経験した女性に、妊活・出産準備のコツを聞きました!参考にしてみてね♪...