シンパパの婚活

本音爆発!結婚相談所オーネットでシングルファザーとのお見合い|口コミ評判

結婚相談所でシングルファザーとお見合いした話(オーネット)
てぃーこ

結婚相談所の大手オーネットは利用している友達も結構いるよ

えむ

ね!実際どうなんだろう?オーネットでシングルファザーさんとお見合いしたさきさんの話を参考にさせてもらお〜

はじめましての方、こんにちは。最愛シンパパと恋愛中のえむと申します。プロフィールはこちら

結婚相談所オーネット(元楽天オーネット)で婚活しようと思った理由

たくさんのワイングラスで乾杯

当時の私は結婚適齢期をとっくに過ぎているというのに、

何度合コンに行っても、紹介を受けても、街コンに行っても彼氏が出来ませんでした。

周りはどんどん結婚していき、どうしても結婚を急いでしまう年齢であったために

周りくどい事はやめて、”結婚”というものに一番近いと感じる結婚相談所を利用してみようと思いました。

こちらの希望を提示して、その条件にあう男性とマッチすれば、話が早いと思ったからです。

もう、無駄な時間とお金は使いたくありませんでした。

結婚相談所オーネットでシングルファザーとのお見合い

コーヒーカップ
  • さきさん(未婚):28歳
  • シングルファザー:30歳
  • 長女5歳

キリがないくらい不安だった、お見合い前の心境

最初からシングルファザーである事は情報として得ておりました。

なので、沢山の不安がありました。

お子さんもいらっしゃるとの事でしたので、

子供もいないどころか結婚もしたことのない私に、そのお相手が務まるのか…?

私に懐いてくれるのか、そして自分自身も結婚となった時にその子の事を可愛がることが出来るのか…?

やはりお子さんの存在というのがとてもネックでした。

そして、本当に初婚の男性でなくて良いのだろうか、親は反対しないだろうか…?

そもそも彼はなぜ離婚したのだろうか…?

など、考えだしたらきりがないくらい不安でした。

てぃーこ

婚活してる時ってただでさえナーバスになりやすいしね

誠実さが伝わって、会って良かったと思えたお見合い

最初はとても緊張しておりました。

そしてお相手様も緊張しているのが伝わりました。

ホテルのカフェで待ち合わせをしていたので、人は多くいたし、周りから見て明らかに”お見合い”って雰囲気だったのもまた恥ずかしかったです。

しかし、そんなことでおじけづいてはいられませんでした。

とにかく何か話さないと!…と、私は必死で質問をしました。

そしてお相手様も必死で私に話しかけて下さり、お互いに必死で会話している感じが今となっては面白かったです。

話していく中で誠実さがとても伝わり、

お見合い前にネックだと思っていた“シングルファザー”という事も、途中忘れてしまう程でした。

その後ホテルの前の公園を散歩したのですが、歩くのが遅い私に、歩幅を合わせて下さっている様でした。

ささいな事ですが、そういった細やかな気配りが、私はとても嬉しかったです。

あっという間に時間が過ぎてしまい、帰る時はなんだか寂しい気もちになったのを覚えています。

不安だったけれど、会って良かった!と帰りに思いました。

えむ

前回話してくれた30代後半りーやんさんも、お見合いでもトキメキを感じられたことに喜びを感じていたね!

参考記事:結婚相談所サンマリエでシングルファザーとお見合いした話|口コミ評判

シングルファザーとの恋愛で印象的だったデート

運転席でハンドルを握る男性
  • お見合いから交際までの期間:最初に会ってから3回目のデートでお付き合いに発展

睡魔との戦いだった2人きりの初詣

年末年始に差し掛かっていたので、「一緒に初詣に行こう」と誘われました。

その時、彼はお子さんをご実家に預けてこられました。

ですが、せっかくのデートにも関わらず、基本的に夜は早く寝てしまう私にとって、夜遅くに出発して朝方まで一緒にいる…という事が、実は正直、苦痛に思っていたのです…。

案の定、彼が車で迎えに来てくれた22時頃には、私はいつも寝ている時間だったので、とても眠かったです。

しかし!

お付き合いが始まってまだ間もない頃でしたので、私は必死に寝ない様に頑張りました。

途中コンビニでコーヒーまで買って、とにかく起きてなくちゃ!と必死でした。

ですが…その努力も無駄になり、私は早々に寝てしまったのです…。

少し遠くの神社に向かっていたため、とにかく道中が眠くて眠くて…。

「着いたよ」

その一言で飛び起きました(汗)

眠い目をこすりながらなんとかお参りを済ませ、帰りの車へ。
眠気と人混みで疲れ果て、帰る時にはもう私は眠くて眠くてヘロヘロでした。

そしてなんと…、またすぐに眠りについてしまったのです…(T-T)!

またもや

「着いたよ」

その一言で目が覚めた時には、すでに私の家の前でした…。

お子さんを預けてせっかく時間を作ってくれたのに、ずっと眠ってしまった私に対し、そんな中、文句ひとつ言わず、ニコニコ笑ってくれていた彼がとても優しく感じました。

てぃーこ

子育てしてる男性って懐広いよね♡

彼の子供とは徐々に打ち解けたが…

そしてお付き合いが始まってからしばらくたった頃、ついにお子さんに会わせて頂きました。

とても可愛らしい子で、すぐに打ち解ける事は難しかったものの、何度か会ううちに仲良くなる事が出来ました。

仲の良い親戚のおねぇちゃんくらいの感覚でいてくれるように、なるべくお友達の様に楽しく接しました。

ただ、「その子の母親は、私ではないんだ」という事だけはいつも頭においていました。

だから仮に彼と結婚となっても、無理に“お母さん”と呼ばなくて良いよと伝えていました。

当時28歳の私にとって、子供の存在というのは、やはり大きな壁であったことは否定できません。

てぃーこ

そっかぁ

結婚相談所オーネットで婚活してよかったこと

逆光で白く輝く背景の中、キスする新郎新婦

結婚相談所オーネットを利用していなければ、私は完全に迷える子羊でした。

当時、多くの合コンに参加しておりましたが、自分の条件に合う人が参加する確率はとても低いものです。

それなのに時間とお金を使って参加し、ダメだった時の落胆ときたらそれは辛いものでした。

しかし結婚相談所は、自分の条件を提示して、それにマッチする相手を探してくれるので、いわゆる”近道”なんです。

そして、もしお見合いで「違うな」と感じたら、またすぐに次を探すことが出来ます。

それがなんといってもメリットでした。

以前、知人の紹介でめんどくさい状況になったことがあるんです。

先輩に紹介してもらったお相手と何度か食事に行きましたが、どうしてもときめかなくて…。

断りたかったけれど、なんせ紹介してくれた先輩には普段からお世話になっており、とても言いづらかったのです。

結局、自分から断れない私は、お相手から嫌われるようにと、こちらの印象を悪くするような努力をする羽目になりました…。

この時「もう絶対に自分の知り合いから紹介して貰うのはやめよう」と思いましたね。

紹介で上手くいった人はとても運が良いんだと思います。

えむ

私の友達は恋のキューピッドになったケースもあるよ

てぃーこ

結局は、会ってみないとわかんないものだよね

本音爆発!シングルファザーとの結婚は子供を愛せる自信がなかった

淡いピンクの世界の中の、ウェディングリングの写真

結婚を焦っていたので、「もうどんな人でもいい!」とまで思いかけていたけど、実際はやはりそうは思えませんでした。

色々な男性とお見合いをし、お付き合いにいたったシングルファザーの彼はとても素敵な男性でしたが、私はどうしても自分の子供ではない子を可愛がれる気がしませんでした。

初婚も再婚も、子供がいるかいないかも関係ないと思っていたけれど、“結婚への憧れ”がある分、初婚であるという条件は、私にとってとても重要だったのです。

私はやっぱり初婚同士の結婚が良い。そう思っていたんだと、今回のお付き合いで痛感しました。

さらに子供もいても良い!なんていうのは、間違いでした。

前の奥様とのお子さんを、自分の子供の様に愛情を持って育てる自信はとうてい持てなかったからです。

どうして自分の子供じゃない子にお金をかけないといけないの?ときっと私は思ってしまったと思います。

そして将来、彼との間に二人目の子供が出来た場合には、きっと連れ子との差をつけてしまうと思ったんです。

それはいくら差をつけまいと思っても、どうしてもあふれ出てしまうものだと思うのです。

結婚はやはり自分が納得した形でないと出来ません。

「誰でも良い」なんて、言葉では簡単に言えますが、やはり結婚は覚悟を持ってするものだと思います。

婚活疲れでお見合いしている人は、結婚は、自分が本当に納得した時に決断してください!

てぃーこ

うん、人それぞれに幸せの価値基準は違うし、適齢期だからって無理に結婚する必要はないと思う!

でも、初婚同士の結婚にはない“幸せの妙味”があるかも?

手を繋いで野原を歩く5人家族

さきさんのリアルな本音、いかがでしたか?

アラフォーになった私たちにはさきさんの気持ちはよくわかります。

アラサーの頃は、やっぱり結婚に夢を見ていて、キラキラしたお姫様になって結婚式をあげて、みんなから祝福されて、旦那様と2人きりの新婚生活を送って、そして赤ちゃんを授かる…といった、いわゆる幸せな結婚ストーリーを追い求めている年頃です。

そうしたキラキラした夢を実現するもよし、

人とは違う自分なりの幸せを見つけるもよし。

人生には様々な幸せの形があるということを、苦難を乗り越えてきたアラフォー女性たちは知っています。

もちろん、考え方は人それぞれで、年齢でひとくくりにできることではありませんから、若くして血の繋がらない子供も愛せるという考え方の女性もいれば、年齢に関わらず「私には絶対に無理」と考える女性もいます。

確かに、血の繋がらない子供を自分の子供のように育てるということは、そう簡単ではありません。

どんなにタフな人であれ、シングルファザー・シングルマザーと結婚するということは、初婚同士の結婚とは違う苦難があり、努力が必要であることには違いありませんが

でも、それはあなただけが請け負う“単なる苦難”でしょうか?

このパートナーとなら、共にその苦難を乗り越えていける。そして、その先にある幸せにこそ妙味がある。

そう思えるなら、

初婚同士にはない“またひと味違った幸せ”が見つかるかもしれませんね♡

えむ

人には人の、幸せが♡

映画『かぞくはじめました』のビジュアル、映画レビュー
血の繋がらない子供の親になる『かぞくはじめました』【映画感想】ネタバレ血の繋がらない子供の親になって、心から愛せるでしょうか?映画「かぞくはじめました」は、予期せぬ展開で亡き親友の子育てに奮闘することになった男女のストーリー。映画レビューと共に出した結論は「家族ができるまでは十人十色、人と違ってもいいじゃない」でした。...

ポチっとしてもらえると
\ 励みになります♡ /

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ