シンパパとの出会いの場

【シンパパとの出会い2:パーティーその後】LINE交換できなかった翌日

「会った翌日どうしようドキドキ」携帯を包み込む女性の両手写真

えむ

出会いの異業種交流会の様子を読んでない方はこちらからどうぞ♡

てぃーこ

私も初めて参加したけど、けっこう楽しかった!

異業種交流会で出会った素敵な男性を想う

世界は広いといえばいいのでしょうか、恋活・婚活を7年しても、なかなかこの人!という人には出会えないものです。(もちろん相手のご都合による場合もあります)

そんな中、久しぶりに波長があうな〜という素敵な男性に出会ってしまった私は、翌朝になっても、やっぱり気になって仕方がありませんでした。

でも連絡先を知らないから昨日のお礼もできず、モヤモヤが募る… 

白いシーツのベッドの上で、本を開きコーヒーカップを手にしているが、飲むでも読むでもない様子の女性の写真

彼も私のこと気に入ってたように思えたけど、世の中いろんな人がいるから…どうだったんだろう…。連絡先はおろか、名前も知りません。

私からは一応仕事の拡大のためとして名刺を渡していたので、向こうから連絡がくれさえすればいいのだけれど…

えむ

わざわざ連絡してくれるかなぁ…

そんなことを考えていたらあっという間に午後になってしまいました…

総合的に判断すると、この状況…あまりよろしくありません。

何時間も仕事が手につかず、右往左往

彷徨う少女の写真

待てど暮らせど連絡は来ません。

気に入った女の子がいたら、割と早めに連絡するものですよね?

だからもう、絶望的でした。

悪魔

運命なんてないから。

う〜ん、でも…

せっかくの出会いのチャンスをみすみす逃し、このまま、また何年もくすぶっていいの?

「婚活」と称して真剣な出会いを探しに探した数年間、結局なにひとつ実を結ばず、途方にくれてたんじゃなかった??

あの絶望の日々を思い出すんだ!

天使

ダメ元でも行動しないと♡

セクシーな天使と悪魔の女の子の写真

頭の中で格闘する天使と悪魔の囁き…

考えててもどうしようもない。

意を決して一か八か、誘ってくれた知人に聞いてみることにしました。

勇気をふりしぼり、知人に尋ねてみる

「こんな風貌の方と名刺交換されましたか?どうしても連絡先を知りたいのですが、教えていただけないでしょうか?」

えむ

……振り絞ったよ、勇気…

てぃーこ

そんなことまでしてたの知らなかったぁ

もし仮に知人がその彼を知らなくても、主催者を介せば辿り着ける気がする。神様〜!

吉報を祈りながらまた、仕事にはまったく手がつかないまま、右往左往する時間を過ごしていました。

知人の回答は…!?

パソコンと名刺が美しく整頓されて配置されているデスクの写真

知人から返信がきました!

「この人?違うとしたら、ごめん、俺もわからない…」

えむ

…職種が、違う…

てぃーこ

主催者づてに調べて、なんて頼める雰囲気じゃないね

えむ

………。

とうとう何も手につかないまま夕方になってしまいました。

夕暮れ時に届いたショートメール

ピンク色の床に座り込み顔を伏せて落ち込んでいる女性の写真

まったく仕事がはかどらない………

どうにか見つけ出す方法はないか………

なんであの時LINE聞き出さなかったんだろう………

普段から聞かないタイプだからしょうがないか………

後悔してもしきれない。

ポジティブな私もさすがにネガティブモードになってきていました………

絶望の中

スマホを見つめた時………

ショートメッセージが。

「昨日お話させていただいた○○です」

キターーー!!!

黄色の背景で、髪を振り乱して歌い喜ぶ女性の写真

雑談した時の話題をシンプルに一言添えた、丁寧なショートメッセージでした。

髪の毛を振り乱すほどの嬉しさのあまり、私は秒で返事をしました!

「昨日はありがとうございました^^

ごはん行きましょう!」

えむ

もう、チャンスは逃さない!

夜の街で楽しそうに両手を上げて歩いている女性の後ろ姿の写真

やっほ〜い!

えむ

結局渡した名刺の電話番号にSMSくれたよー♡

今日の学び

チャンスはどこに転がっているかわからない!一方的に名刺を渡すだけでなく、きちんと連絡先をもらいましょう♡笑

次回、初デートにつづく

Photo : Paul Hanaoka, Unsplash / Anthony Tran, Unsplash / 99mimimi, Pixabay / Nick Adams, Unsplash / Foundry Co, Pixabay / Bruce Mars, Unsplash / Cyrus Crossan, Unsplash

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ