シンパパ, my Love

2児のシングルファザーを想いながら、自分の人生を考えるブログ。

【テラスハウス】木村花ちゃん逝去… 強さと弱さの狭間で

大好きなテラハの住人、花ちゃんが亡くなったということを知って今、とにかくショックで悲しくていたたまれない・・・

f:id:em_me:20200524225036j:plain

花ちゃんの好きなピンクを捧ぐ

 

プロレスラーとして期待の星だった花ちゃんは、入居してからいろんな顔を見せてくれて、一喜一憂する姿がとても魅力的な女の子だった。しかし夢の東京ドームに立てた大事なコスチュームに関して同居人とトラブルがあって、憤った彼女は罵声を浴びせてしまい、SNSでとんでもない誹謗中傷にあっていたらしい。

確かにヒートアップして言わなくてもいいことを言ってしまったのは事実だけど、そういうことって誰にでもあるし、たまたまお互いギリギリの精神状態の時だったかもしれないし、時間が二人の問題を解決したかもしれないし、お互いこれで成長できたかもしれない。

私は「他人を不幸に陥れるようなこと」が好きじゃないから基本そう言ったことには関心がないのだけど、これがSNSの性質なのか、匿名性が拍車をかける歪んだ快楽、集団心理、、、、本当に恐ろしい。。。

 

そして私も花ちゃんのことは画面を通してしか知らないけど、

“強い女”ならではの辛さは、見ていて共感できる部分もあった。

花ちゃんとプロレスラー仲間がごはんを食べてる時に「私たちは誰よりも乙女♡w」って言って笑っていたけど、それはバリキャリOLなんかも、似たようなところがあると思う。

誰よりも強くたくましく男社会で戦ってきた女性たちは、案外この発言には共感していたのではないかと。

 

“強そう”に見えるから、余計に“強い試練”が飛んでくる。

→ で、“本当は弱い”自分を守るために強い言葉で応戦(または笑って誤魔化したり)する。

→ だからより一層、“強いやつ”って思われる。

→ まわりからもっと強い言葉で攻撃されて、応戦して、後戻りできなくなっちゃう。

 

ギリギリまで踏ん張って、踏ん張って、もうどうしたらいいのかわからなくなって・・・

 

 

“弱くある”方法がわからない。

 

 

私も30こえたあたりから、やっとわかってきたけど、それでもまだまだ難しいね。

 

人間は誰しも完璧じゃない。だからこそいいの。

 

 

弱い花ちゃんも素敵だった。

強い花ちゃんも素敵だった。

 

彼女が最期どんな気持ちで亡くなったのかを考えると本当に胸が苦しくなるけど・・・

天国では、もっともっとたくさんの愛を、花ちゃんが感じられますように。

心よりご冥福をお祈りいたします。