シンパパ, my Love

2児のシングルファザーを想いながら、自分の人生を考えるブログ。

【出会い2:翌日】LINE交換できなかったパーティーのその後

f:id:em_me:20200611171710j:plain

 

何気なく参加したパーティー(異業種交流会)で出会った素敵な男性の話。

翌朝になっても、やっぱり気になって仕方がなくて、でも連絡先を知らないから昨日のお礼もできず、モヤモヤが募っていた… 

  

こちらの続き

sinpapa-love.com

 

 

波長は合ってたし、彼も私のことそれなりに気に入ってたとは思うけど

連絡先はおろか、名前も知らない・・・

 私からは一応仕事拡大のためとして名刺を渡していたので、向こうから連絡がくれさえすればいいのだけれど・・・

わざわざ連絡してくれるかどうかが問題・・・

 

そんなことを考えていたらあっという間に午後になってしまった。

何時間も仕事が手につかず、頭の中を右往左往する。

 

 

・・・これでは埒が明かない。

せっかくの出会いのチャンスをみすみす逃し、このまままた何年もくすぶっていいのか?「婚活」と称して真剣な出会いを探しに探した数年間、結局なにひとつ実を結ばず、途方にくれてたではないか。あの日々を思い出すんだ!

 

奇跡的に出会った紳士!

ほとんど白馬の王子様!

 

 (悪魔)「いや、どうせダメだ」

(天使)「ううん、運命の人だよ!」

 

頭の中で格闘する天使と悪魔の囁き…

頭の中で考えてもどうしようもない。

意を決して、一か八か誘ってくれた知人に聞いてみることにした。

 

「こんな感じの方と名刺交換されましたか?どうしても連絡先を知りたいのですが、教えていただけないでしょうか?」

 

こんなこと普段だったら恥ずかしくてできないけど、本当に数年に一度の素敵な人だったから。振り絞ったよ、勇気。それに知人がその彼を知らなくても、主催者を介せば辿り着ける気がする!ああ、神様、仏様!・・・吉報を祈りながらまた、仕事にはまったく手がつかないまま、右往左往する時間を過ごした。

 

* * *

 

と、知人から返信がきた!

「この人?違うとしたら、ごめん、俺もわからない…」

  

ガーーーーン 

 

なんだか主催者づてに聞き出すことは難しそうな気配

絶望的・・・・・・・・・・・

 

どうしようこうしようと悩みに悩んでいたら、とうとう夕方になってしまった。

 

まったく仕事がはかどらない・・・・・・

 

( 。-_-。 )

 

どうにか見つけ出す方法はないか・・・

なんであの時LINE聞き出さなかったんだろう・・・

普段から聞かないタイプだからしょうがないか・・・

 

後悔してもしきれない。

 

ポジティブな私もさすがにネガティブモードになってきた・・・・・・

 

( 。-_-。 )

 

絶望の中

スマホを見つめた時・・・・・

 

( ˙-˙ )

 

ショートメッセージが届いた。

 

 

「昨日お話させていただいた者です」

 

@()@

 

 

丁寧でシンプルな一言を添えて

例の彼からきたーーーー(感涙)

渡した名刺の電話番号にSMSくれたよー

☆*:.. o(♡▽♡)o ..:*☆

 

 

天井つきやぶるほどの

嬉しさのあまり、私は秒で返事をした!

 

「昨日はありがとうございました★(中略)

ごはん行きましょう!」

 

もう、チャンスは逃さない!( ̄^ ̄)