シンパパ, my Love

2児のシングルファザーを想いながら、自分の人生を考えるブログ。

【体験談1】match.com:遠距離恋愛“ハイスペDV男”

なんか、ここ10年を振り返ってみると

仕事も恋愛も婚活も、ほんと〜〜〜にいろんな人と出会って別れて、

刺激的な30代だったなあ〜としみじみ・・・

 

そこで!そんな中でも特に印象的だった人を取り上げて

“白馬の子連れ王子様”への深い感謝の気持ちを改めて確認しておきたい…という試み。

 

記念すべき第1回は、恋活(プチ婚活)としてmatch.comで出会ったアメリカ在住日本人

“ハイスペDV男”くん ですっ!

※ DVとはもちろん“ドメスティックバイオレンス

 

☆*:.. o( ** ;)o ..:*☆

 

f:id:em_me:20200622210046j:plain

 

 

 

  彼はこんな人 

海外、それもアップルやグーグルなど有名企業ひしめく“シリコンバレー”サンフランシスコ在住で、仕事に邁進していた彼♡ 今や古いけど、高身長・高所得・高学歴(だったかな?)でイケメンな上に年齢もバッチリという、それこそ“運命の王子様”のような素敵な男性との出会いでした。

グローバルな視野を持っていそうだし、努力も相当しているだろうから尊敬する!と思い、マッチドットコムを退会する前にLINE交換をして、ほぼ毎日のようにメッセージのやりとりが始まりました。

 

 

 

  遠距離恋愛モードで半年、からの、初対面へ!

こういう空間・時間の距離を感じさせない“お見合いシステム”というのは現代ならではという感じで体験できてよかったわけなんだけど、実際会ったこともないうちに思いのほか波長が合ってこれはいい感じでは♡・・・と期待は高まる一方でした。

そのまま遠距離恋愛モードで半年ほど経った頃、ようやく彼が帰国することになり、ついに初対面できることに・・・!

 

待ちに待った、その日

 

約束の時間に彼が遅れてきたことが少し気になったものの、すでに毎日のLINEで縮まっていた距離感は、実際会い、ふたりの関係が現実のものであることを確認すると、“理想の未来”としてさらに距離が近くなっていくのを感じずにはいられなくて。デートも楽しく、ディナーも盛り上がり、翌日も会うことになりました。


しかしその日はもともと夕方に予定が入っていたため、きちんと説明し承諾を得た上で、デートを一時抜けてまた再合流したのです。が・・・

 

なぜか、

勝手に被害妄想をくりひろげ

嫉妬に狂い、

鬼のようになった彼 は・・・


再び会った時、



ガブーッ!!!_:(´ཀ`」 ∠): 

 

f:id:em_me:20200622210614j:plain

  

イッターーーーーイ!!!

なにぃ〜〜〜〜〜!???

なんと、私の腕や肩に

歯型が着くまで数回噛みついてきたのです!!!

 

やめてと言ってもやめない!!!

怖い!!! 

なんで〜〜〜!???

 

ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

翌日も、くっきり歯型が残っていました。

 

 

 

  その後

結局、なんだかよくわからないまま3、4日経つと

 

「気になる人ができたから」

 

とLINEがきて

あっさり終わりました。

 

なに。どういうこと? ・・・

 

あっけなく葬られた私の半年・・・

時間を返してください・・・

 

 

 

  この恋愛からの学び

まあただ、思い返せばこの怪しい兆候、

この半年間のLINEで確かに出ていたといえば出てた・・・

 

  例えば「同僚との飲み会に行ってくるね」とLINEしたら

   執拗に誰とだとか、どこでだとか、聞いてくる。

  参加者の中に男性がいるとわかると、

   なんの脈略もなく筋肉アピールのイカツイ写真を送ってくる。(^-^;)  

  バーで隣に座っていた見ず知らずのカップルにマウント取るような行動をしたり、私を独占し所有するような言動が激しかった。

 

つまり、

 

 

  教 訓

会って間もないのに極端な愛情表現をする人

= 相手のペースを考慮せずじっくり愛情を育てられない人は、思いやりに欠け、暴走傾向・危険度高い!

 

 

さらにいうと、 

 

 

  教 訓

初回のデートで大した理由もなく遅れてくる男に、

ロクなやつはいない!

 

 

ということが教訓になりました。

 

DV男とつき合うことにならなくて、ましてや結婚などすることにならなくて、

本当に良かった・・・ イケメンだったけど・・・www

 

f:id:em_me:20200515211000p:plain

人は見た目やスペックではわからない♪

失敗から、学んでこ ♪

 

Photo by Avi Waxman on Unsplash and by Jay Heike on Unsplash