シンパパ, my Love

2児のシングルファザーを想いながら、自分の人生を考えるブログ。

【歌詞和訳・感想】Circles - Post Malone

最近なぜかこの曲をヘビロテで、ふと気になったので和訳してみたら、妙に共感してしまったよ・・・

 

 My point of view

グルグルしている自分自身への葛藤

 

社会でボロボロになりながら戦い、愛する人とは理性と本能の間でもがきながら、前へ進むために手放そうとする気持ちと、でもやっぱり手放せない現実。そうして堂々巡りしてしまう人間の強さと弱さ。そんな複雑な心境に対し、妙に小気味好いポップなサウンドに救われる。そんな歌でした。

 

 


Post Malone - Circles

  

 

 

Circles 

 

We couldn't turn around

俺たちは引き返せなかった

Till we were upside down

こうしてめちゃくちゃになるまで

I'll be the bad guy now

俺は悪い男だよ

But know I ain't too proud

自慢にもならないよな

 

  

I couldn't be there

そこにはいられなかった

Even when I tried

努力はしたけど

You don't believe it

君はそんなこと信じないね

We do this every time

いつもこうだ

 

( *chorus )

Seasons change and our love went cold

いくつもの季節を越えて、俺たちの愛は冷めてしまった

Feed the flame because we can't let go

怒りの炎は燃え上がるばかり 自由にもなれなくて

Runaway, but we're running in circles

行けよ、でもまたこうして繰り返してる

Runaway, runaway

行け、もう行くんだ

I dare you to do something

君にはあえてしてほしい

I'm waiting on you again

俺はまた君を待ち焦がれてしまうけど

So I don't take the blame

そう、だから俺のせいじゃない

Runaway, but we're running in circles

行けよ、そしてまた繰り返してる

Runaway, runaway, runaway

行け、行けよ、もう行ってくれ

 

 

Let go

終わりにしよう

I've got a feeling that it's time to let go

もう別れ時だって、感じてる

I said so

そう、言ったんだ

I knew that this was doomed from the get-go

はじめから破滅の運命だって、わかってたさ

You thought that it was special, special

君は特別だって思ってたね、特別って

But it was just the sex though, the sex though

でもただのセックスだったんだよ、ただのセックス

And I still hear the echoes (the echoes)

まだ声が響いて聞こえる

I got a feeling that it's time to let it go

もう別れ時だって、わかってる

Let it go

諦めよう

 

( *chorus )

Seasons change and our love went cold

いくつもの季節を越えて、俺たちの愛は冷めてしまった

Feed the flame because we can't let go

怒りの炎は燃え上がるばかり 自由にもなれなくて

Runaway, but we're running in circles

行け、でもまたこうして繰り返してる

Runaway, runaway

行け、もう行くんだ

I dare you to do something

君にはあえてしてほしい

I'm waiting on you again

俺はまた君を待ち焦がれてしまうけど

So I don't take the blame

そう、だから俺のせいじゃない

Runaway, but we're running in circles

行けよ、そしてまた繰り返してる

Runaway, runaway, runaway

行け、行けよ、もう行ってくれ

 

 

Maybe you don't understand

たぶん君はわかってないね

What I'm going through

俺がどんな修羅場の中にいるか

It's only me

俺だけだ

What you got to lose?

君が何を失うって? 

Make up your mind

決心しろよ

Tell me, what are you gonna do?

言えよ、どうするんだ?

It's only me

俺だけだろ

Let it go

手放せよ

  

( *chorus )

Seasons change and our love went cold

いくつもの季節を越えて、俺たちの愛は冷めてしまった

Feed the flame because we can't let go

怒りの炎は燃え上がるばかり 自由にもなれなくて

Runaway, but we're running in circles

行け、でもまたこうして繰り返してる

Runaway, runaway

行け、もう行くんだ

I dare you to do something

君にはあえてしてほしい

I'm waiting on you again

また君を待ち焦がれてしまうけど

So I don't take the blame

そう、だから俺のせいじゃない

Runaway, but we're running in circles

行けよ、そしてまた繰り返してる

Runaway, runaway, runaway

行け、行けよ、もう行ってくれ

  

Written by: 

Austin Richard Post, Kaan Gunesberk, Adam Feeney, Billy Walsh, Louis Russell, Frank Dukes 

※ PVにインスパイアされつつの、完全なる意訳です。

 

  

f:id:em_me:20200515211000p:plain

なんだか矛盾しているように思えて、

たぶん実際矛盾しているし美しいものでもないのだけど、

そうやってサークルの中でグルグルと走ってもがいて

なんとかしようとする時の苦しみは

きっと多くの人が共感できることなのではないかな。

 

○ ain't = am not の短縮形

○ too proud = 潔しとしない  / proud = 自慢する、自尊心がある

○ feed the flame = 怒りなどの感情を煽る

○ let go = 手放す、to stop holding something

○ dare = あえて〜する、思い切って〜する

○ wait on = 待ち続ける

○ take the blame = 責任を負う

○ run (around) in circles = 輪の中をグルグル回る、堂々巡り

doom = (悪い方へ)運命づける、決定的なものにする

○ get-go = 何かが始まるとされる時

○ go through = 通過する、(苦難などを)経験する 

○ make up one's mind = 決心する

○ what are you gonna do? = どうするの?